タグ別アーカイブ: Windows Server 2016

Windows ADK のインストール (コマンドライン)

Windows ADK はコマンドラインでもインストールできます。コマンドラインでインストールするメリットとしては、以下のようなものがあります。

  • サイレント インストールができる
  • ログの出力先が変更できる

続きを読む

Windows ADK のインストール (GUI)

組織などで多数のコンピューターを展開する際、導入するコンピューターのモデルやメーカーが異なる場合に、各機器ごとに手動で設定を行うのは非常に煩雑になりがちで、設定ミスの要因にもなります。こういった場合に対応するため、導入要件に合わせて Windows の OS イメージをカスタマイズし、どの機種やメーカーのコンピューターであっても同じような環境を (できる限り手数を減らして) 展開できるようにしておけば、管理が容易になります。Microsoft ではこういったケースに対応するためのツール群として Windows ADK (Windows Assessment and Deployment Kit) を用意しています。

Windows OS 展開の効率化や自動化では、MDT や WDS、SCCM といったツールを併用することでさらに手数を減らすことができますが、それらを利用する場合でも Windows ADK を使うことになりますので、Windows ADK (に含まれる Windows PE や Windows SIM、Windows ICD) を知っておく必要があります。 続きを読む

Windows Server Backup での共有フォルダーからの OS 復旧

Windows Server Backup (WSB) でバックアップを取得した OS の復旧を行います。今度は、共有フォルダーからの復旧ではあるものの、同一サーバー上に作成された共有フォルダーから復旧させることにします。

別サーバーの共有フォルダーから復旧させる場合と少し手順が変わります。 続きを読む

Windows Server Backup でのリモート共有フォルダーからの OS 復旧

Windows Server Backup (WSB) でバックアップを取得した OS の復旧を行います。以下のような設定で取得したバックアップを復旧させることにします。

  • バックアップは、Windows Server Backup でスケジュール バックアップの設定 で取得したものを利用
  • バックアップの保存先はリモート共有フォルダー
  • バックアップしたサーバーも保管先サーバーも同一のドメインに参加
  • バックアップしたサーバーと保管先のサーバーは別のサーバー

バックアップしたサーバーと保管先のサーバーが同一か別かで手順が少し変わります。まずは別のサーバーに保管した場合でやってみます。

同じサーバーの別ディスク上に共有フォルダーを作成した場合は、Windows Server Backup での共有フォルダーからの OS 復旧 を参照してください。
続きを読む

Windows Server Backup でのファイル復旧 (PowerShell)

Windows Server Backup (WSB) で取得したファイル単位の復旧を、今度は PowerShell を利用してやってみます。

GUI での復旧については、以下を参照してください。
Windows Server Backup でのファイル復旧 (GUI)

WEBADMIN コマンドでの復旧については、以下を参照してください。
Windows Server Backup でのファイル復旧 (WBADMIN)

以下のシナリオを想定することにします。(GUI のときと同じです)

  • C: ドライブに保管したファイルを、操作ミスにより誤って削除してしまった
  • WSB で取得したバックアップからそのファイルを復旧する
  • バックアップの保管先は、リモート サーバーの共有フォルダー
  • 復旧するファイルは、元の場所にアクセス権限もそのまま復旧する

WBADMIN を利用するよりも、PowerShell のほうが簡単ですね。

続きを読む

Windows Server Backup でのファイル復旧 (WBADMIN)

Windows Server Backup (WSB) で取得したファイル単位の復旧を、今度は WBADMIN コマンドを利用してやってみます。

GUI での復旧については、以下を参照してください。
Windows Server Backup でのファイル復旧 (GUI)

PowerShell での復旧については、以下を参照してください。
Windows Server Backup でのファイル復旧 (PowerShell)

以下のシナリオを想定することにします。(GUI のときと同じです)

  • C: ドライブに保管したファイルを、操作ミスにより誤って削除してしまった
  • WSB で取得したバックアップからそのファイルを復旧する
  • バックアップの保管先は、リモート サーバーの共有フォルダー
  • 復旧するファイルは、元の場所にアクセス権限もそのまま復旧する

続きを読む

Windows Server Backup でのファイル復旧 (GUI)

Windows Server Backup (WSB) で取得したバックアップを利用して、ファイル単位の復旧を行ってみます。

WBADMIN コマンドでの復旧については、以下を参照してください。
Windows Server Backup でのファイル復旧 (WBADMIN)

PowerShell での復旧については、以下を参照してください。
Windows Server Backup でのファイル復旧 (PowerShell)

以下のシナリオを想定することにします。

  • C: ドライブに保管したファイルを、操作ミスにより誤って削除してしまった
  • WSB で取得したバックアップからそのファイルを復旧する
  • バックアップの保管先は、リモート サーバーの共有フォルダー
  • 復旧するファイルは、元の場所にアクセス権限もそのまま復旧する

今回は GUI (WSB の回復ウィザード) で復旧します。 続きを読む

Windows Server Backup でスケジュール バックアップの設定

Windows Server 2016 で OS のバックアップを行うために、標準で Windows Server Backup (WSB) の機能が準備されています。

WSB の基本的な利用方法は、Windows Server 2008 や 2012 の頃から大きくは変わりません。GUI や WBADMIN コマンド、PowerShell などでバックアップを実施できます。今回は PowerShell で実施します。

  • OS は Windows Server 2016
  • Hyper-V の役割を追加しているホスト OS のバックアップ
  • Hyper-V の構成情報をバックアップする
  • ゲスト OS のバックアップは、対象としない (ゲスト OS 上で WSB を実施することを想定)
  • バックアップの保管先には、共有フォルダーを利用 (バックアップ専用ディスクは利用しない)

続きを読む

PowerShell で共有フォルダーの作成

PowerShell を利用して共有フォルダーの作成や削除ができます。PowerShell 3.0 以降 (標準で実行できる OS としては Windows Server 2012 以降)、共有フォルダーの設定を PowerShell で簡単に行うための SmbShare モジュールが準備されています。

NET SHARE コマンドを利用して共有フォルダーの設定を行うことは現在でも可能ですが、PowerShell を使った方がより簡単です。 続きを読む

Windows 10 Fall Creators Update 用グループポリシー管理用テンプレートが公開

Windows 10 の Fall Creators Update (1709) が提供開始されたことに合わせて、それに対応するグループポリシー管理用テンプレート (Administrative Templates) が公開されました。

Administrative Templates (.admx) for Windows 10 Fall Creators Update (1709) – 日本語

管理用テンプレートを利用することで、Windows 10 Fall Creators Update 適用端末の一括管理が容易になります。Windows Defender Security Center の管理もできるようになります。

追記: Windows 10 April 2018 Update (ver. 1803) 用の管理用テンプレートが公開されました。
続きを読む