タグ別アーカイブ: PowerShell

Windows Server Backup でのファイル復旧 (PowerShell)

Windows Server Backup (WSB) で取得したファイル単位の復旧を、今度は PowerShell を利用してやってみます。

GUI での復旧については、以下を参照してください。
Windows Server Backup でのファイル復旧 (GUI)

WEBADMIN コマンドでの復旧については、以下を参照してください。
Windows Server Backup でのファイル復旧 (WBADMIN)

以下のシナリオを想定することにします。(GUI のときと同じです)

  • C: ドライブに保管したファイルを、操作ミスにより誤って削除してしまった
  • WSB で取得したバックアップからそのファイルを復旧する
  • バックアップの保管先は、リモート サーバーの共有フォルダー
  • 復旧するファイルは、元の場所にアクセス権限もそのまま復旧する

WBADMIN を利用するよりも、PowerShell のほうが簡単ですね。

続きを読む

Windows Server Backup でスケジュール バックアップの設定

Windows Server 2016 で OS のバックアップを行うために、標準で Windows Server Backup (WSB) の機能が準備されています。

WSB の基本的な利用方法は、Windows Server 2008 や 2012 の頃から大きくは変わりません。GUI や WBADMIN コマンド、PowerShell などでバックアップを実施できます。今回は PowerShell で実施します。

  • OS は Windows Server 2016
  • Hyper-V の役割を追加しているホスト OS のバックアップ
  • Hyper-V の構成情報をバックアップする
  • ゲスト OS のバックアップは、対象としない (ゲスト OS 上で WSB を実施することを想定)
  • バックアップの保管先には、共有フォルダーを利用 (バックアップ専用ディスクは利用しない)

続きを読む

PowerShell で共有フォルダーの作成

PowerShell を利用して共有フォルダーの作成や削除ができます。PowerShell 3.0 以降 (標準で実行できる OS としては Windows Server 2012 以降)、共有フォルダーの設定を PowerShell で簡単に行うための SmbShare モジュールが準備されています。

NET SHARE コマンドを利用して共有フォルダーの設定を行うことは現在でも可能ですが、PowerShell を使った方がより簡単です。 続きを読む

Hyper-V の仮想マシン作成

Windows Server 2016 上に Hyper-V のインストール (役割の追加) が終わったら、次に仮想マシンを作ってみます。

作る環境は、以下を想定しています。

  • ホスト OS: Windows Server 2016
  • ゲスト OS: Windows Server 2016
  • サーバーに搭載されているネットワーク アダプターは 2 個
    • 1 つはゲスト OS (仮想マシン) 用、1 つはホスト OS 用に割り当て
  • ゲスト OS は外部へ通信可能
  • VLAN なし
  • SR-IOV あり

では、PowerShell で作ってみます。 続きを読む

PowerShell でページ ファイルを別のドライブに移動する

ディスク空き容量の問題やフラグメントが気になるなどの理由で、ページ ファイル1)Windows の GUI では “ページング ファイル” の表記であり、おそらくこちらが公式の名称だと思いますが、一般的には “ページ ファイル” のほうが定着していると思いますので、ここでは ”ページ ファイル” で統一します。 を別のディスクやパーティションに移動させたいことがあるかもしれません。対応する標準のコマンドレットはありませんが、WMI 関連のコマンドレットを利用することで、目的を達成できます。
続きを読む

参照   [ + ]

1. Windows の GUI では “ページング ファイル” の表記であり、おそらくこちらが公式の名称だと思いますが、一般的には “ページ ファイル” のほうが定着していると思いますので、ここでは ”ページ ファイル” で統一します。

PowerShell でディスクにボリュームを作成する

ディスクへのパーティションやボリューム作成を CLI で実行するには、以前は DISKPART コマンドを用いるのが一般的でした。PowerShell を使えばより簡単に行えるようなコマンドレットが準備されています。
続きを読む

PowerShell でリモート デスクトップ接続を有効にする

PowerShell では、リモート デスクトップ接続を 有効化/無効化 するためのコマンドレットが用意されていません。(PowerShell 5 時点)
やり方はいろいろありますが、レジストリの値を変更する方法が簡単です。 続きを読む

Windows Server 2016 で更新プログラムを手動検出する

Windows Update をする際に、更新プログラムを手動で検出したいという場面はよくあると思います。Windows Server 2012 R2 以前では、こういった場合に wuauclt /detectnow というおなじみのコマンドを実行していましたが、Windows Server 2016 では、この detectnow オプションが廃止されています。 続きを読む