カテゴリー別アーカイブ: Container

ダウンロードした Windows コンテナー (docker コンテナー) イメージの削除

docker run コマンドで作成したコンテナーは、docker rm コマンドで削除することができますが、コンテナーを作成するためにダウンロードしてきたコンテナー イメージは、docker rm の実行後も残ったままです。再利用することが無いのであれば、ストレージ容量を空けるために削除してしまいましょう。 続きを読む

作成した Windows コンテナー (docker コンテナー) の削除

docker run の実行中にダウンロードし、作成されたコンテナーはローカル環境に保存されています。コンテナーを再利用する場合には、改めてコンテナーを作成する作業を省略できることから便利ですが、不要であるなら削除することもできます。 続きを読む

Windows コンテナー (docker) の実行

Windows コンテナーの準備ができたら、実際に実行してみます。Docker Hub にあるコンテナー イメージをダウンロードして実行します。

docker コンテナー イメージのダウンロードと実行には、docker run コマンドを利用するのが一番手っ取り早いです。サンプル実行用のコンテナー イメージが用意されていますので、試してみます。 続きを読む

Windows コンテナーのインストール

Windows Server 2016 から仮想化の新たなアプローチとしてコンテナー技術がサポートされるようになりました。Windows Server 2016 でサポートされるコンテナーには Windows コンテナーと Hyper-V コンテナーの 2 種類があり、状況により使い分ける必要があります。 続きを読む