作成者別アーカイブ: yottun8

IP Messenger のメッセージを Slack に転送する

IP Messenger の v4.70 が公開されました。実験的な機能として、Slack へのメッセージ転送機能が実装されたようです。

IP Messenger for Win v4.70

IP Messenger と Slack を併用している環境では嬉しいですね。(私の会社がまさにそうです)

Slack へのメッセージ転送を実施するための流れとしては、以下のようになります。

  1. Slack への Incoming WebHooks の追加
  2. IP Messenger への設定追加

では、さっそく試してみます。
beta1 ではうまく動作しませんでしたが、一時的に公開された beta2 と、正式版では動作しました。 続きを読む

IFTTT と Microsoft Flow と Zapier の比較

Web サービスを連携して自動化させるサービスとしては、IFTTT や Microsoft Flow、Zapier が有名どころかと思います。3 つのサービスの使い分けどころがよく分からなかったので調べてみました。

※ 2017/08/01 時点での情報です。あくまでこの時点での比較です。 続きを読む

Microsoft Flow のフロー実行回数を確認するには

Microsoft Flow にはいくつかのプランがあり、プランによって料金や使える機能に違いがあります。

価格 – Microsoft Flow

Microsoft Flow の無料プランである Flow Free プランでは 750 回 / 月のフロー実行ができますが、いくつかのフローを実行するようになってくると実行回数制限が気になってくるかもしれません。

現在、どのくらいフローを実行しているかは、簡単に確認することができます。 続きを読む

Gmail で受信したメールの Microsoft Flow を使った転送

大量にメールを受信している環境で、「なんかメールいっぱい受信しているけど、本当に重要なメールはごく一部だけなんだよな」ということが、良くあるかと思います。

インフラの運用をやっていると、大量に来る監視メールの中に埋もれている 1 通の障害通知メールを見落とさないかとヒヤヒヤすることが良くあります。かと言って、全てのメールに気を張り続けているのも大変です。日中は通常勤務しながら深夜や休日も待機勤務状態にある人は 24 時間気が休まりません。

Microsoft Flow を使うことで、特定の条件に合致したメールのみ、別のメールアドレスに転送するよう振り分けることができますので、使ってみたいと思います。 続きを読む

Windows Server 2016 で更新プログラムを手動検出する

Windows Update をする際に、更新プログラムを手動で検出したいという場面はよくあると思います。Windows Server 2012 R2 以前では、こういった場合に wuauclt /detectnow というおなじみのコマンドを実行していましたが、Windows Server 2016 では、この detectnow オプションが廃止されています。 続きを読む

Office 2010 を日本語から英語に変更する方法

ボリューム ライセンス版の Office 2010 日本語版を英語化する上では、ライセンスについていくつか注意点があります。なかなか難しいので、まとめたいと思います。
※ この情報は 2017 年 6 月に Microsoft へ問い合わせて確認した内容を基にしています。

VL 版の Office 2010 日本語版を英語化する方法 3 パターン

Office 2010 日本語版を英語化 (インターフェイスの英語表示) するためには、以下の 3 パターンがあります。Office を英語化するということでは、どちらの方法を取っても同じ結果を得ることができます。

  1. VLSC (Volume License Service Center) から Multilanguage Pack をダウンロードし、インストールする
  2. Office 言語アクセサリ パック のページから、英語の言語アクセサリ パックをダウンロードし、インストールする
  3. 日本語版をアンインストールして、VLSC から英語版をダウンロードし、インストールする

続きを読む

ダウンロードした Windows コンテナー (docker コンテナー) イメージの削除

docker run コマンドで作成したコンテナーは、docker rm コマンドで削除することができますが、コンテナーを作成するためにダウンロードしてきたコンテナー イメージは、docker rm の実行後も残ったままです。再利用することが無いのであれば、ストレージ容量を空けるために削除してしまいましょう。 続きを読む

作成した Windows コンテナー (docker コンテナー) の削除

docker run の実行中にダウンロードし、作成されたコンテナーはローカル環境に保存されています。コンテナーを再利用する場合には、改めてコンテナーを作成する作業を省略できることから便利ですが、不要であるなら削除することもできます。 続きを読む