Windows ADK のインストール (GUI)

組織などで多数のコンピューターを展開する際、導入するコンピューターのモデルやメーカーが異なる場合に、各機器ごとに手動で設定を行うのは非常に煩雑になりがちで、設定ミスの要因にもなります。こういった場合に対応するため、導入要件に合わせて Windows の OS イメージをカスタマイズし、どの機種やメーカーのコンピューターであっても同じような環境を (できる限り手数を減らして) 展開できるようにしておけば、管理が容易になります。Microsoft ではこういったケースに対応するためのツール群として Windows ADK (Windows Assessment and Deployment Kit) を用意しています。

Windows OS 展開の効率化や自動化では、MDT や WDS、SCCM といったツールを併用することでさらに手数を減らすことができますが、それらを利用する場合でも Windows ADK を使うことになりますので、Windows ADK (に含まれる Windows PE や Windows SIM、Windows ICD) を知っておく必要があります。

Windows ADK のダウンロード

2018 年 2 月現在、最新版の Windows ADK for Windows 10 version 1709docs.com 内の Hardware Dev Center からダウンロード可能です。このバージョンの Windows ADK では Fall Creators Update が適用済みの Windows 10 の展開が可能です。

  1. Download and install the Windows ADK のページを開き、Download the Windows ADK for Windows 10, version 1709 から、Windows ADK をダウンロードします。
  2. adksetup.exe ファイルがダウンロードされれば OK です。

Windows ADK は、その時点で最新のバージョンをダウンロードしておけば OK です。最新版の Windows ADK を利用することで、旧バージョンの Windows OS (EOS のものを除く) の展開も可能です。

Windows ADK のインストール

  1. ダウンロードした adksetup.exe を実行します。
  2. 今回は adksetup.exe を実行する Windows Server 2016 上に Windows ADK をインストールするため、このコンピューターに… を選択し、次へ 進めます。
  3. 使用状況を Microsoft に送信するかどうかを選択します。ここでは、いいえ (送信しない) を選択して 次へ 進めます。
  4. 使用許諾契約が表示されるため、同意する で進めます。
  5. 機能を選択します。Windows OS のカスタマイズを行うためには、最低限 Deployment ToolsWindows PE の 2 つがあれば OKですが、今回は無難に既定値のまま進めます。
  6. 閉じる で、インストール ウィザードを閉じます。
  7. スタート メニュー内の Windows Kits に各ツールがインストールされていることが確認できます。
  8. これでインストールは完了です。

Windows ADK のインストール (GUI)」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: Windows ADK のインストール (コマンドライン) | blog.yottun8.com

  2. ピンバック: プロビジョニング パッケージ (ppkg) 方式の概要 | blog.yottun8.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です