Windows Server Backup でのファイル復旧 (PowerShell)

Windows Server Backup (WSB) で取得したファイル単位の復旧を、今度は PowerShell を利用してやってみます。

GUI での復旧については、以下を参照してください。
Windows Server Backup でのファイル復旧 (GUI)

WEBADMIN コマンドでの復旧については、以下を参照してください。
Windows Server Backup でのファイル復旧 (WBADMIN)

以下のシナリオを想定することにします。(GUI のときと同じです)

  • C: ドライブに保管したファイルを、操作ミスにより誤って削除してしまった
  • WSB で取得したバックアップからそのファイルを復旧する
  • バックアップの保管先は、リモート サーバーの共有フォルダー
  • 復旧するファイルは、元の場所にアクセス権限もそのまま復旧する

WBADMIN を利用するよりも、PowerShell のほうが簡単ですね。

復旧作業

取得したバックアップの情報を確認します。


WBADMIN と同じく、復旧可能なファイルやフォルダーを個別に確認することはできないようです。

バックアップの情報を利用して、ファイルを復旧します。

以上で、PowerShell を利用したファイル単位の復旧は完了です。

Start-WBFileRecovery の引数

Start-WBFileRecovery でファイルやフォルダーの復旧を行う際には、以下のような引数を使うことができます。

引数 説明 入力例
-Recursive -SourcePath にフォルダーを指定した際に、サブフォルダーとその配下のファイルも復旧する。-SourcePath にフォルダーを指定して、-Recursive を指定しない場合は、指定フォルダー直下のファイルのみ復旧される。 -SourcePath C:\foobar -Recursive
-Option 既存のファイルが存在する場合に、どのように対応するかを 3 つのパターンで指定する。OverwriteIfExists は復旧ファイルで既存ファイルを上書き、SkipIfExists は既存ファイルを残して復旧は行わない、CreateCopyIfExists は既存ファイルを残して別名で復旧する。 -Option CreateCopyIfExists
-NoRestoreAcl 復旧するファイルのアクセス制御リスト (ACL) を復元しない。 -SourcePath C:\foobar\recovery.txt -NoRestoreAcl

Windows Server Backup でのファイル復旧 (PowerShell)」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: Windows Server Backup でのファイル復旧 (WBADMIN) | blog.yottun8.com

  2. ピンバック: Windows Server Backup でのファイル復旧 (GUI) | blog.yottun8.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です