Windows Server Backup でのファイル復旧 (GUI)

Windows Server Backup (WSB) で取得したバックアップを利用して、ファイル単位の復旧を行ってみます。

WBADMIN コマンドでの復旧については、以下を参照してください。
Windows Server Backup でのファイル復旧 (WBADMIN)

PowerShell での復旧については、以下を参照してください。
Windows Server Backup でのファイル復旧 (PowerShell)

以下のシナリオを想定することにします。

  • C: ドライブに保管したファイルを、操作ミスにより誤って削除してしまった
  • WSB で取得したバックアップからそのファイルを復旧する
  • バックアップの保管先は、リモート サーバーの共有フォルダー
  • 復旧するファイルは、元の場所にアクセス権限もそのまま復旧する

今回は GUI (WSB の回復ウィザード) で復旧します。

復旧作業

Windows アクセサリWindows Server バックアップ を起動します。コマンドラインなどで wbadmin.msc としても起動できます。
操作 ペインから 回復… を選択します。

このサーバー を選択して、次へ を実行します。

次へ を実行します。共有フォルダーにバックアップを取っているため、1 世代しか表示されません。

ファイルおよびフォルダー を選択して、次へ を実行します。

復旧させるファイルやフォルダーを選択して、次へ を実行します。

オプションを適宜指定して、次へ を実行します。今回は、元の場所にアクセス権限もそのまま復旧したいので、回復先は 元の場所 を選択し、セキュリティ設定は 回復するファイルまたはフォルダーに対し、アクセス制御リスト (ACL) のアクセス許可を復元する にチェックが付いた状態にしておきます。既存のファイルについての設定は、今回想定しているように誤って削除してしまっている場合は、どれを選んでも同じです。
内容を確認し、問題がなければ 回復 を実行します。これで指定したファイルやフォルダーが復旧できます。

完了後、状態 欄に 完了しました と表示されていれば、復旧は成功です。

Windows Server Backup でのファイル復旧 (GUI)」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: Windows Server Backup でのファイル復旧 (WBADMIN) | blog.yottun8.com

  2. ピンバック: Windows Server Backup でのファイル復旧 (PowerShell) | blog.yottun8.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です