ダウンロードした Windows コンテナー (docker コンテナー) イメージの削除

docker run コマンドで作成したコンテナーは、docker rm コマンドで削除することができますが、コンテナーを作成するためにダウンロードしてきたコンテナー イメージは、docker rm の実行後も残ったままです。再利用することが無いのであれば、ストレージ容量を空けるために削除してしまいましょう。

コンテナー イメージの確認

現在ダウンロード済みのコンテナー イメージは、docker images コマンドで確認することができます。


削除するコンテナー イメージを指定するためには、イメージ ID もしくは リポジトリ名とタグ名 が必要です。この画像の場合は、以下のようになっています。

項目名
イメージ ID IMAGE ID 185884336128
リポジトリ名 REPOSITORY microsoft/dotnet-samples
タグ名 TAG dotnetapp-nanoserver

コンテナー イメージの削除

docker images コマンドでダウンロード済みのコンテナー イメージを確認したら、そのコンテナー イメージを削除します。コンテナー イメージを削除するためには、docker rmi コマンドを使います。

今回の場合は、以下のようにします。

コンテナーが残っている場合のコンテナー イメージ削除

コンテナー イメージを基にしたコンテナーが残っている場合に docker rmi コマンドを実行すると、以下のようなエラー メッセージが返されます。

メッセージに記載されているように -f オプションを付け、docker rmi -f としてやれば、強制的にコンテナー イメージを削除できます。ただし、強制的にコンテナー イメージを削除しても、コンテナー イメージを基にして作成されたコンテナーは削除されずに残ったままになります。こうなってもあまり意味は無いので、素直にコンテナーを削除してからコンテナー イメージを削除したほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です