Windows Server 2016 で AD DS (Active Directory Domain Services) のセットアップ

Windows Server 2016 で AD DS (Active Directory Domain Services) の役割を有効にしてみました。サーバー マネージャーから GUI で設定することも今までと同様に可能ですが、今回は PowerShell でセットアップしてみます。

せっかくなので、Windows Server 2016 にインストールされている PowerShell のバージョンを確認しておきます。PowerShell のバージョン情報は $PSVersionTable に格納されています。PSVersion の値が 5.1 であることを確認できます。

w2016-1-2016-09-27-13-50-00a

AD DS の役割を追加します。RSAT などの管理ツールも追加しておきます。

これによって、以下の役割と機能が追加されます。

  • Active Directory ドメイン サービス
    表示名 名前 役割 / 機能
    Active Directory ドメイン サービス AD-Domain-Services 役割
    グループ ポリシーの管理 GPMC 機能
    Active Directory 管理センター RSAT-AD-AdminCenter 機能
    AD DS スナップインおよびコマンドライン RSAT-ADDS-Tools 機能
    Windows PowerShell の Active Directory RSAT-AD-PowerShell 機能

AD DS のセットアップは以上で完了です。引き続き、ドメイン コントローラーへの昇格を行うことになります。

Windows Server 2016 で AD DS (Active Directory Domain Services) のセットアップ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: AD DS のドメイン コントローラーへの昇格 | blog.yottun8.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です