Surface Pro 3 のバッテリー容量減少問題が解決

Surface Pro 3 で特定の条件に合致する場合に、バッテリーの容量が日々減少し続ける問題が 7 月中旬頃から発生していましたが、ようやく解決したようです。

概要と経緯

そもそもの話は以下にまとまっています。
Microsoftの「Surface Pro 3」でバッテリー容量が日に日に減少する問題が発生中

この問題については、Microsoft Community で 1000 件を超える返信がつくほど、活発に議論されています。
Surface Pro 3 battery degradation (英語)

このバッテリーの問題 (BatteryGate) の概要と経緯をまとめると以下のような感じです。

  • バッテリーの最大容量がどんどん減っていく
  • 充電しても減少後の最大容量までしか回復しないので、日々稼働時間が減少する
  • 最悪、AC アダプターを取り外した瞬間に電源断するくらいに最大容量が減少する
  • バッテリー製造元が SIMPLO のものが対象
  • バッテリー製造元が LGC-LGC のものは対象外
    (LG のバッテリーで同様の症状が発生するという報告もわずかにあり)
  • 充電回数は無関係
  • 7/27 に Surface Team の Greg 氏から「おそらくソフトウェアの問題」との回答
  • 8/17 に Surface 部門の General Manager である Brian Hall 氏が Twitter で「テスト中」と回答
  • 8/29 に問題を解決するためのファームウェアが公開
  • 利用者の一部がアップデートを待ちきれず、もしくはこの問題を知らずにバッテリーの有償交換修理を行っているが、その返金対応有無などは現時点で不明

やっかいな問題ですね。

私の手持ちの端末でも、この事象が発覚しました。最大充電容量 (FULL CHARGE CAPACITY) が、仕様上の容量 (DESIGN CAPACITY) である 42,157mWh と比較して、大幅に少ない 8,634mWh となってしまっています。(最終的に 7,486mWh まで減少しました)
Microsoft Community へ返信の中には 144mWh まで減ったというケースもあります。
SurfaceBatteryGate_01SurfaceBatteryGate_02

バッテリー情報は以下のコマンドを実行することで、確認できます。

同様の問題が発生している場合、新たに公開されたファームウェアを適用することで、修正されるようです。AC 電源接続している状態で Windows Update を実行し、コンピューターを再起動することで、適用完了です。
Surface Pro 3 Battery FAQ for the 8/29/2016 System Firmware Update (英語)

アップデート適用

まず、Windows Update でファームウェアを適用し、コンピューターを再起動します。SurfaceBatteryGate_03
再度バッテリー情報を確認すると、最大充電容量 が、7,486mWh から 34,200mWh まで回復しました。これで安心して利用できそうです。SurfaceBatteryGate_04

余談

保証が切れている Surface Pro 3 (法人向け) のバッテリーの交換修理について見積を取ったところ、72,800 円 (税抜) という金額でした。なかなかキツイですね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です