Office 2010 を日本語から英語に変更する方法

ボリューム ライセンス版の Office 2010 日本語版を英語化する上では、ライセンスについていくつか注意点があります。なかなか難しいので、まとめたいと思います。
※ この情報は 2017 年 6 月に Microsoft へ問い合わせて確認した内容を基にしています。

VL 版の Office 2010 日本語版を英語化する方法 3 パターン

Office 2010 日本語版を英語化 (インターフェイスの英語表示) するためには、以下の 3 パターンがあります。Office を英語化するということでは、どちらの方法を取っても同じ結果を得ることができます。

  1. VLSC (Volume License Service Center) から Multilanguage Pack をダウンロードし、インストールする
  2. Office 言語アクセサリ パック のページから、英語の言語アクセサリ パックをダウンロードし、インストールする
  3. 日本語版をアンインストールして、VLSC から英語版をダウンロードし、インストールする

続きを読む

ダウンロードした Windows コンテナー (docker コンテナー) イメージの削除

docker run コマンドで作成したコンテナーは、docker rm コマンドで削除することができますが、コンテナーを作成するためにダウンロードしてきたコンテナー イメージは、docker rm の実行後も残ったままです。再利用することが無いのであれば、ストレージ容量を空けるために削除してしまいましょう。 続きを読む

作成した Windows コンテナー (docker コンテナー) の削除

docker run の実行中にダウンロードし、作成されたコンテナーはローカル環境に保存されています。コンテナーを再利用する場合には、改めてコンテナーを作成する作業を省略できることから便利ですが、不要であるなら削除することもできます。 続きを読む

Windows コンテナー (docker) の実行

Windows コンテナーの準備ができたら、実際に実行してみます。Docker Hub にあるコンテナー イメージをダウンロードして実行します。

docker コンテナー イメージのダウンロードと実行には、docker run コマンドを利用するのが一番手っ取り早いです。サンプル実行用のコンテナー イメージが用意されていますので、試してみます。 続きを読む

Nano Server の SKU

Windows では製品種別 (エディション) 毎に異なる SKU (Stock Keeping Unit) 番号が割り当てられています。例えば、Windows Server の Standard エディションであれば、SKU 番号は 7 です。SKU 番号は、プログラムなどで OS のエディションを判別したい場合に役立ちます。 続きを読む

Windows コンテナーのインストール

Windows Server 2016 から仮想化の新たなアプローチとしてコンテナー技術がサポートされるようになりました。Windows Server 2016 でサポートされるコンテナーには Windows コンテナーと Hyper-V コンテナーの 2 種類があり、状況により使い分ける必要があります。 続きを読む

Windows 10 の情報をまとめた資料が公開されました

Windows 10 についてのさまざまな情報をまとめた資料が Microsoft から公開されました。IT Pro 用という位置付けですので、コンシューマー用途を目的としたものは記載されていません。英語の情報をまとめたものであるため、多少読み替える必要はありますが、それでも非常に有用な資料であることに間違いありません。

Windows 10 IT Pro Content Map

この情報を基に日本語版の情報を TechNet Wiki にでもまとめようかと思います。

WSUS のバージョン表記

更新プログラムを展開するための WSUS (Windows Server Update Services) ですが、バージョンが明確に表記されていた WSUS 3.0 SP2 までと異なり、Windows Server 2012 以降は、WSUS <バージョン番号> という表記はあまり使われなくなっています。 続きを読む